育成会 ひまわり保育園/Himawari Nursery

2022年竣工 / 東京都武蔵村山市 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:赤池友季子建築研究所、ジャクエツ、トウヤマアーキテクツ
写真:川澄・小林研二写真事務所 浜田昌樹
Tokyo, Japan 2022
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Yukiko Akaike Architecture Laboratory, JAKUETS, tohyama architects
Photography: Masaki Hamada / Kawasumi・Kobayashi Kenji Photograph Office

周辺住宅地のスケールになじむように配慮された5つの切妻屋根が分散配置され、それらをつなぐ低く抑えられた陸屋根によって構造的に一体となっている。5つの切妻屋根の架構は、それぞれのスパンに応じて、一般の垂木構造、相持ち架構の一種である支点桁構造、登り梁とタイを組み合わせたトラス構造を使い分けた。トラス屋根(ひまわりホール)は、2本1組の登り梁で湾曲集成材によるタイを挟み込む方式とした。合理的でありながら、曲線を用いた、人々を包みこむような空間作りに貢献する構造を意図した。

Five gable roofs, which have moderate scale corresponding the surrounding residential area, are linked into one structure by an intermediate low flat roof. For the five gable roof structures, depending on each span, general rafters, reciprocal frames, and trusses with curved ties of laminated wood were selected. The structural design of truss roof with curved ties intended not only to be a reasonable structure but also to contribute to the creation of a space that gently envelops the people in the hall.

続きを読む/Read More

House H

2021年竣工 / 神奈川県横浜市 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:岸本吉正設計事務所 / 写真:山内紀人
Kanagawa, Japan 2021
Scope of work: Structural design and construction supervision
Photography: NORIHITO YAMAUCHI

この住宅では、2階床レベルに吹抜けや光を通すスノコ床、部分的な上がり床を設けることによって、1階から屋根まで立体的につながった空間となっている。このことで、構造的には床水平構面が複数に分断されるため、それぞれの部分に対して耐力壁をバランス良く配置することで耐震性に配慮した。屋根水平構面は垂木とスギ三層集成パネル(t=36mm)によって構成し、室内に現しとした。
In this house, the space is vertically connected from the first floor to the roof by providing a void, a slatted floor that allows light to pass through, and a partial raised floor on the second floor level. As a result, the structural floors are divided into multiple parts. Sufficient shear walls placed in each part of the floor solve this structural problem. The structural roof boards are made of three layers laminated Japanese cedar panels (t=36mm), which also used as finishings of the ceiling.

続きを読む/Read More

世田谷の浮居/House in Setagaya


2021年竣工 /東京都世田谷区 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:蘆田暢人建築設計事務所 / 写真:中山保寛
Tokyo, Japan 2021
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Ashida Architect & Associates
Photography: Yasuhiro Nakayama

建設地が過去に台風による浸水被害を受けたことから、将来の水害への備えとして地上1階まで鉄筋コンクリート造、2階・3階を木造とした。ガレージ上部は庇先端まで5mの跳ね出し構造とした。木造の耐震計画は、バルコニーに面した2階南面を全面開口とするため、木造ラーメンフレームと面材耐力壁の併用構造とした。
Since the site has experienced a flood damage by typhoon in the near past, in preparation for future flood damage, we decided to construct the first floor by reinforced concrete and the second and third floors by timber frame. The upper part of the garage is a cantilever of 5m to the tip of the eaves. In order to realize a full opening on the south side of the 2nd floor facing the balcony, timber rigid frames are partially introduced as seismic element.

続きを読む/Read More

葛飾の趣居/Second house in Katsushika


2020年竣工 /東京都葛飾区 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:蘆田暢人建築設計事務所 / 写真:繁田諭
Tokyo, Japan 2020
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Ashida Architect & Associates
Photography: Satoshi Shigeta

この3階建て住宅は、大きな吹き抜けを持つスキップフロア構成となっており、1階は駐車場のため全面開口としている。これらの条件を比較的小さな柱梁で実現するため、構造は鉄骨造を選択した。柱は角パイプ□-100×100×9、梁はH-200×100×5.5×8を基本とし、ラーメンフレームとブレースを併用した架構とした。階段は、間柱と段板によるト形の方持ち形式とした。

This three-story house has a skip-floor structure and a plan with a large void in center and few structural walls in one direction. In order to realize these conditions with relatively small columns and beams, we chose a steel construction. The basic cross section of the column is square pipe(100x100x9) and the beam is H-200x100x5.5×8. The framework is a combination of rigid frames and horizontal braces.

続きを読む/Read More

House Azumino


2020年竣工 /長野県安曇野市/ 業務範囲:構造設計
建築設計:山本基揮建築設計/ 写真:三嶋一路
Nagano, Japan 2020
Scope of work: Structural design
Architect: MoY architects
Photography: Ichiro Mishima

切妻屋根をもつ木造平屋の住宅である。内部空間は2つのL字形ボリュームを対置させ、その間に3.64mの隙間をあけることによって外部との繋がりがつくられている。この隙間は建築にとって重要な意味をもつが、耐震上は2つのL字形ボリュームが独立しているよりも一体となっているほうが有利である。そこで、2つのボリュームをつなぐ水平ブレースを配置した。水平ブレースによって2つのL字形は閉じられ、1つのロの字形の耐震構造となっている。
‘House Azumino’ is a wooden one-story house with a gable roof. Inside the building, two L-shaped volumes are placed opposite each other with gaps of 3.64 m. These gaps have important function as an interface between inside and outside the house, but in terms of seismic resistance, it is preferable that the two L-shaped volumes are integrated as one rather than independent. Therefore, we placed horizontal braces between these two volumes to form one closed rectangular tube.

続きを読む/Read More

高津の家/House in Takatsu


2020年竣工 /神奈川県川崎市/ 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:後藤智揮(後藤組設計室
Kanagawa, Japan 2020
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Tomoki Goto

職住の空間を兼ねた木造2階建てである。品確法の耐震等級3の基準を満たすため、割増した地震力に対して耐えられるよう耐震要素を設計した。
主な耐震要素(耐力壁・水平構面)のうち水平構面として屋根面は垂木工法、2階の床面は根太工法あらわしとした。日本で一般に使用されている根太は幅45mm~であるが、今回2階の床根太に使用したツーバイ材はそれよりも細い幅38mmの材のためカナダ林産業審議会(COFI)のマニュアルに基づいて水平構面の詳細計算を行い、材せいやピッチ、根太に打ち付ける床合板や釘の仕様などを設計した。 続きを読む/Read More

角筒の家/Concrete Tube House


2019年竣工 / 京都府京都市 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:イースタン建築設計事務所 / 写真:鳥村鋼一
Kyoto, Japan 2019
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Eastern Design Office
Photography: Koichi Torimura

この住宅の構造に関して、建築家から下記の3点が要求された。
①地下1階、地上4階建てのRC造とし、最上階にプールをつくる。
②建物正面の各階にチューブ状の大きなキャンティレバー(角筒)を左右互い違いにつくる。角筒は庇やバルコニーとなる。
③角筒のカドは一点で接する形状にしたい(Fig. 1)。
続きを読む/Read More

水戸の家/House in Mito


2020年竣工 /茨城県水戸市 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:蘆田暢人建築設計事務所 / 写真:繁田諭
Ibaraki, Japan 2020
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Ashida Architect & Associates
Photography: Satoshi Shigeta

平屋は、屋根がたのしい。
この住宅は、台形の平面形状にしたがった少し不整形な方形屋根を架け、中央に天窓を設けた。 続きを読む/Read More

熱海の塔状住居/Tower house in Atami


2020年竣工 /静岡県熱海市 / 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:蘆田暢人建築設計事務所 / 写真:井上玄/プロデュース:アーキビルダーズ
Atami, Japan 2020
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Ashida Architect & Associates
Photography: Gen Inoue / Produce: archibuilders

敷地は熱海湾を一望する高台の急傾斜地に位置する。良好な眺望を得るため、リビングルームを地上4階程度の高い位置に設ける必要があったが、建物全体として大きな床面積は必要ない。結果、塔状の住居となった。地盤および敷地条件から基礎の選択肢は非常に限られており、構造設計の労力の多くが基礎設計に費やされた。最終的に、地震による転倒に抵抗するための十分な根入れを持つ直接基礎が採用された。
The site is located on a steep slope on a hill overlooking Atami Bay. In order to obtain a good view, the living room had to be located at a height of about 4 stories above the ground, but the entire building does not require a large floor area. As a result, it became a tower house.

続きを読む/Read More

立川の家/House in Tachikawa


2019年竣工 /東京都立川市/ 業務範囲:構造設計・工事監理
建築設計:後藤智揮(後藤組設計室
Tokyo, Japan 2019
Scope of work: Structural design and construction supervision
Architect: Tomoki Goto

この木造住宅では、構造材料の選択がひとつのテーマとなった。柱梁には埼玉県飯能産の自然乾燥させた杉材を、2階床と屋根の水平構面には実験により床倍率が確認されている幅はぎパネル(杉・厚30mm)を用いた。これらの構造材は、大部分が化粧材として室内にあらわされている。
Selection of structural material is one of the design theme of this house. Locally produced and naturally dried Japanese ceders are used for columns and beams. Also, floor and roof consist of vertically laminated panel (30mm thick) of the same material. Most part of these structural members are delicately finished and exposed to the interior.

続きを読む/Read More